2006年09月07日

ナンバンギセル

目黒の自然教育園で撮影したナンバンギセルをお届けします。

ナンバンギセル(南蛮煙管)ハマウツボ科

なんとススキ(薄)や,サトウキビ(砂糖黍)などの根に寄生する1 年生の寄生植物だそうです。寄生して栄養分を横取りするので、光合成をしなくても生育することが出来ます。そのため光合成器官である葉が必要なく、退化してほとんどありません。ですからススキの根元などの日陰の目立たないところで咲いています。
南蛮人がタバコを吸う、クレイ・パイプ(陶器製のパイプ)が、この花の様子に似ていることから、ついた名前だそうです。また、花が下を向いている様子が物思いに耽って俯いているようにも見えることから、「思草(オモイグサ)」とも呼ばれ、万葉集にもその名前で登場しています。
「道の辺の 尾花(ススキ)が下の思ひ草 今更々に 何か思はむ」 作者不詳

まずはナンバンギセルの写真
R0020378.JPG


そして、三角ミラーの写真
R0020376.JPG


四角ミラーの写真
マウスを乗せるとテレイドスコープを90度回転させた写真になります


これからも応援していただける方は一押しお願いします

  にほんブログ村 写真ブログへ banner_03.gif

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。