2006年11月14日

テレイドスコープの映り方 その2

前回に引き続き、テレイドスコープの映り方をご紹介します。

今回は四枚のミラーを四角形に組んだ「フォーミラー型テレイドスコープ」です。

前回同様、「秋」という一文字です。
R0021974.JPG


まずは、先端の球をつけないでミラーだけで覗いたものです。
マウスを乗せるとテレイドスコープを90度回転させた画像になります。


次に、先端の球をつけて覗いたものです。
マウスを乗せるとテレイドスコープを180度回転させた画像になります。
見てわかるように球をつけると真ん中の画像は上下が逆になるんです。


2回お届けしましたが、鏡の枚数でこれだけ映り方が違うのがわかってもらえたかと思います。
他に3枚の鏡を直角三角形や30度・60度・90度の三角形に組んでみたり、4枚の鏡をひし形に組んでみたりすると映り方が変わるんです。
それは又、作ることがありましたらお送りします。

これからも応援していただける方は一押しお願いします

  にほんブログ村 写真ブログへ banner_03.gif
posted by ブドリ at 10:51| Comment(2) | TrackBack(0) | テレイドスコープって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

テレイドスコープの映り方

これまで花などを撮影してきましたが、ここでちょっとテレイドスコープの映り方をわかりやすくしてみました。

今回は三枚のミラーを三角形に組んだ「スリーミラー型テレイドスコープ」です。

今回撮影したのは「秋」という一文字です。
R0021974.JPG


まずは、先端の球をつけないでミラーだけで覗いたものです。
マウスを乗せるとテレイドスコープを180度回転させた画像になります。


次に、先端の球をつけて覗いたものです。
マウスを乗せるとテレイドスコープを180度回転させた画像になります。
見てわかるように球をつけると真ん中の画像は上下が逆になるんです。


これからも応援していただける方は一押しお願いします

  にほんブログ村 写真ブログへ banner_03.gif

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然からの便りへ
身近な自然からの便り
posted by ブドリ at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレイドスコープって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

大人の科学マガジン Vol.13

今発売中の大人のマガジンで万華鏡が特集されています。
壁や天井に模様を映せる投影式なので、あなたの部屋が万華鏡シアターに早変わりします。
記事には万華鏡の歴史や仕組みなどが載っているので、ちょっと万華鏡に興味がある方にはお薦めです。


これからも応援していただける方は一押しお願いします

  にほんブログ村 写真ブログへ banner_03.gif
posted by ブドリ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(1) | テレイドスコープって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

4枚鏡テレイドスコープ

最近、新しいタイプのテレイドスコープ作りにチャレンジしています。
それはタイトルにあるとおり、4面が鏡のテレイドスコープです。
今までは鏡を3角形に組み合わせていたのですが、今回は4枚使って四角形に組みます。

鏡のカットなどどれも三角形と同じなので問題はないのですが、三角形と四角形の最大の違いにあらためて気付かされました。
それは強度!
三角形は横からの強度などに強いのですが、四角形は簡単に潰れてしまうということ。バランスよく補強して筒の中で安定させるには何を使用するかそこのところを考え中です。

まずは、三角形と四角形の違いを見てください。白い紙を覗いただけです。
マウスオンで四角形の映り方が見られます。


上の写真では見にくいでしょうからちゃんとしたもので。

iPodをそれぞれで覗いてみました。マウスオンで四角形の映り方が見られます。
基本的な違いがわかってもらえたでしょうか?

これからも応援していただける方は一押しお願いします

  にほんブログ村 写真ブログへ banner_03.gif
posted by ブドリ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | テレイドスコープって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

テレイドスコープって 第2回

今回は使用しているテレイドスコープの紹介です。

まず全体像をご覧下さい。
全体像

上の小さいものが購入したもので、7cmぐらいです。下がラップの筒を利用して作成したものですで、20cmぐらいです。

正面 後ろ

球体側からと覗く側からです。
自作は直径3cmのアクリル玉を使用。径が合わないので固定に悩んでいます。
覗く側から見るとこんな感じになっています。この筒にカメラを突っ込んで撮影するので万華鏡のような覗き穴は今のところなしです。でも、埃が入るのでつけるほうがいいのはよく分かっています。鏡は厚紙に塩ビミラー(0.5mm、18cm×18cm)を約2cm幅にカットして三角形に組み合わせて筒の中に入れています。今回はピッタリでしたが、微調整しやすくするために隙間が開くようにするのがよさそうです。

このままの位置で覗くとこういう景色に見えます。
R0014061.JPG


なんとも不思議な世界です。筒を回転させると万華鏡のように見え方が変わります。

これからも応援していただける方は一押しお願いします

 
posted by ブドリ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | テレイドスコープって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

テレイドスコープって?

またまたブログのオープンです。
これは心象スケッチ、銀河鉄道の月との三本柱となるブログに育てていくつもりです。

まず、第1回目「テレイドスコープって」です。
皆さんは万華鏡(カレイドスコープ)をご存知ですよね。普通は筒の中に鏡を設置して、その片側にガラスやビーズなどの小片を閉じ込め、もう片側から覗き、筒を回転させると様々な模様が見られるというものです。
市販でも非常に数多くのものが出回っていますので見たことのない方はいないと思います。

では、テレイドスコープってご存知ですか?
これは万華鏡の模様を作り出すところに素通しになったレンズが取り付けられていて、それを通して景色を見ると、万華鏡の様になって見える、というものです。

万華鏡の兄弟のようなものです。
ここではテレイドスコープとそれを通してみた世界をお伝えしていきたいと思います。

ここで載せていく写真は自作テレイドスコープを通して撮影したものなので微妙に歪んでいたりずれていたりしますが、それも味だと思って下さい。
自作テレイドスコープも近いうちに紹介します。

では、第1号写真
R0013599.JPG R0013601.JPG
テレイドスコープもカメラも手持ちで、家で咲いているミニバラを撮影してみました。すこし、ズームで切り取る大きさを変えています。

これから、いろいろな写真を撮っていきますのでお楽しみに。

でも、固定方法考えないと撮影も厳しいなぁ。

これからも大応援していただける方は一押しお願いします

 
posted by ブドリ at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | テレイドスコープって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。